東京駅の自販機ストライキは、なぜ「共感」を得たのか

文春オンライン / 2018年5月20日 7時0分

去る5月3日、JR東京駅で自動販売機の補充業務を担当しているサントリーグループの自動販売機オペレーション大手・ジャパンビバレッジ東京の従業員がストライキを実施した。要求は、未払い残業代の支払い、組合員に対する不当な懲戒処分の撤回だ(詳しくは、文春オンラインの記事「本日、JR東京駅の自販機補充スタッフがついにストライキ決行」を参照)。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング