「PK戦やり直し」に奈良クラブ理事長が心中を激白

文春オンライン / 2018年6月13日 16時0分

6月6日に行われたサッカー天皇杯2回戦。アマチュア1部リーグ奈良クラブはPK戦の末、J1の名古屋グランパスに勝利した。 この番狂わせの勝利に物言いが付いたのは、その2日後のこと。奈良の選手がPK戦でフェイントをしたとして蹴り直しを命じたのは誤審だったので名古屋の勝利とする、と日本サッカー協会が通告してきたのだ。 「蹴り直しを命じずルール通りシュート失敗としていれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング