人権侵害を訴えるも、逆にVIP待遇があらわに……朴槿恵元大統領の拘置所生活

文春オンライン / 2018年7月13日 11時0分

「食事は欠かさないが、3分の1程度、口にして後は残す。塩辛い食べ物は好まず、キムチも洗って食べている」(ソウル新聞7月6日) これは、先日報じられた、朴槿恵前大統領(66歳)の拘置所での姿だ。 来る20日、朴前大統領の控訴審が最終弁論を迎え、早ければ8月には、友人、崔順実氏とともに判決が言い渡される見通しとなった。 昨年10月に裁判をボイコットしてからというもの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング