「高畑勲監督解任を提言したあのころ」――鈴木敏夫が語る高畑勲 #2

文春オンライン / 2018年8月10日 11時0分

(#1より続く) 当時、高畑さんが作りたがっていたのが『平家物語』でした。企画としてはおもしろいものの、誰が絵を描くのかという問題がありました。宮崎駿が「平家の戦いのシーンを描けるとしたら自分しかいない」と豪語していたほどで、技術的にも非常に難しいことは分かっていました。高畑さんは『山田くん』でも活躍した田辺修に描いてもらおうとするんですが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング