池田“やまびこ打線”はなぜ、PLの1年生・桑田真澄に翻弄されたのか【夏の甲子園100回! ベストシーン】

文春オンライン / 2018年8月17日 7時0分

今年で第100回を迎えた“夏の甲子園”。 その100年を超える歴史は名勝負の歴史でもあります。波乱・衝撃、旋風、怪物、ライバル、そして大逆転・・・・・・。 「甲子園」というフレーズだけで、さまざまな場面がよみがえってきます。 そのなかから、もう一度振り返りたい“ベストシーン”をご紹介します。 【1983年(昭和58年)第65回準決勝PL学園[大阪]7-0池田[徳島]】   『夏の甲子園名勝負ベスト100(文春MOOK)』より ◆◆◆ 試合前の下馬評では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング