新浪剛史が語る「経済外交」 米中貿易戦争「トランプの考え方は古い」と言える理由

文春オンライン / 2018年8月14日 7時0分

世界が注視する米中貿易戦争の「本当の狙い」とは?アメリカ外交問題評議会のグローバルボードメンバーを務める新浪剛史氏が論じます。サントリーホールディングス社長というビジネスマンとして、また、日本経済の指針を議論する経済財政諮問会議メンバーとして考える「経済外交」日本の進む道とは? ◆◆◆ 外交問題協議会での「安倍・トランプ関係と地政学」という話題 ――2016年11月からアメリカの外交問題評議会(CFR)のグローバルボードメンバーに就任されています。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング