自殺した“農業アイドル”の遺族を傷つけた「事務所社長の無責任な発言」

文春オンライン / 2018年10月12日 21時30分

愛媛県を拠点に活動する農業アイドルグループ「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のメンバー・大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が今年3月に自殺した件で、10月12日、その遺族が、自殺は事務所による過重労働やパワハラなどが原因として、萌景さんが当時所属していた事務所「hプロジェクト株式会社」の社長らに対し、慰謝料など約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。 だが、SNS上では遺族側にも非があったかのような書き込みが上がった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング