日本の田舎ってほんとにいやだ……『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の進化に思う

文春オンライン / 2018年10月22日 17時0分

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』、蛭子能収と太川陽介の顔が思い浮かぶが今はちがう。去年からは『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』であって、蛭子太川時代とは別の進化を遂げている。 内容はまったく同じである。レギュラー男2人とゲストのマドンナが路線バスと徒歩のみで目的地を目指す。 ではZになって何が変わったか。レギュラー男が替わった。テレビ東京はなぜこの2人に替えたのか。 新レギュラーは俳優の田中要次と作家の羽田圭介。蛭子太川とくらべると小ツブ感が……と最初思ったし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング