写真

10月1日、ホワイトハウスにてUSMCAについて述べるトランプ大統領 ©getty

トランプ政権には、何ら包括的な戦略などない、と目されていた。 貿易政策にも一貫した戦略が見られなかった。政権発足直後に「環太平洋経済連携協定(TPP)」から離脱したかと思うと、「北米自由貿易協定(NAFTA)」や「米韓自由貿易協定」の改定、さらに矢継ぎ早の関税引き上げで「米中貿易戦争」と一方的に政策を押し付けた。その目的は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング