中学受験は「偏差値」より「相性」で決まる……スピードの「筑波大附」と思考力の「渋谷幕張」 

文春オンライン / 2018年11月9日 7時0分

中学受験において、合格判定80%以上を取っていても不合格になる、あるいは偏差値的に全く届いていなかったのに逆転合格をした……というケースは多々ありますが、その理由はなんだか分かりますか?受験本番が近づいてきて、模試の偏差値や合格判定に一喜一憂し、志望校の変更も検討し始めるころですが、偏差値が届いているかどうかだけを、「合格できるかどうか」の目安にするのは危険だと、算数教育家で中学受験専門カウンセラーの安浪京子先生は指摘します。 ◆◆◆ 長く中学受験業界にいると、受験直前の模試の合格可能性判定で80%以上を取っていても不合格になる、あるいは偏差値的には全く届いていなかったのに逆転合格した、…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング