写真

三菱重工業が社運を賭けて取り組んできた国産初のジェット旅客機を開発している三菱航空機は6月17日、世界最大の航空見本市「パリ国際航空ショー」で、受注拡大に向けた新たな戦略を打ち出した。 名称を「MRJ(三菱リージョナルジェット)」から「スペースジェット」に変更。世界のLCC(格安航空会社)向けの新型機「スペースジェットM100」を披露した。70席タイプで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング