写真

家具・インテリア製造小売チェーンのニトリを展開するニトリホールディングスは、2019年2月期の連結決算で、売上高が前年同期比6.3%増となる6081億3100万円、営業利益が同7.9%増となる1007億7900万円だったことを発表し、その好調ぶりを示した。 今年に入ってもその勢いをキープしているようで、7月3日に発表した2020年2月期の第1四半期決算(2019年2月21日~5月20日)でも、売上高で1673億3200万円(前年同期比6.1%増)、営業利益で304億3100万円(同0.0%増)と、堅調な数字を記録している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング