写真

日産自動車が正念場を迎えている。カルロス・ゴーン元会長による一連の不正問題に加え、西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)をはじめ複数の役員経験者が、社内の規定に反して、かさ上げされた報酬を受け取った疑いが浮上した。ことの詳細は今後の調査に任せるしかないのだが、すでに西川社長は辞任の意思を表明するなど日産が揺れている。 この疑惑が日産の経営に与えるマグニチュードは大きい。すでに車台共用化などを進めてきたルノーと日産の関係は後戻りできない。そのなかで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング