写真

消費税が10パーセントになり、外食業界は苦境に立たされている。特に、個人事業主が経営する食堂や喫茶店は厳しい状態だが、これに後継者不足という事業承継の問題も加わる。景気の先行き悪化、後継問題というダブルパンチもあって、金融機関は個人事業主へ運転資金の融資を渋る。それが、ますます個人経営の外食店に陰を落とす。 一方、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング