写真

北朝鮮は金正恩朝鮮労働党委員長の妹である金与正朝鮮労働党第1副部長が前面に出て、韓国の文在寅政権批判を繰り返している。南北統一を掲げる文政権は平壌側の怒りを買い、韓半島情勢は先行き不透明な状況が続く。 前編に引き続き、金委員長の狙いや韓国の命運について、元駐日韓国大使館公使で「統一日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏に聞いた。 北朝鮮内で政変か…金与正が目立ち始めた意味 ――金委員長の健康不安説も一時ありましたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング