写真

欧州連合(EU)が「ネット保護主義」の姿勢を強めている――。 欧州委員会(EC)は7月、米グーグルとその持ち株会社であるアルファベットに対して、グーグルが提供する検索連動型のインターネット広告「アドセンス(AdSense)」がEU競争法(独占禁止法)に違反した疑いがあるとして、異議告知書を送付した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング