写真

厚生労働省が今年1月26日に発表した統計によれば、日本で働く外国人労働者の数は2017年10月末時点で127万8670人に上った、前年から18パーセント、5年間では約50万人もの増加である。 こうして外国人労働者が増え続けているのは、肉体労働の現場で人手不足が深刻化しているからだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング