写真

東証1部上場の不動産会社TATERUが、アパートに投資する顧客から受け取った預金残高など融資に必要な資料を改竄していたことが判明した。23万円の預金残高が623万円に水増しされていた。 TATERUは不正を認め、「ほかに同様の改竄がないか調査していく」と発表した。詳細は不明だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング