写真

9月までの世界のマーケットは米株式市場で史上最高値を更新し、日本株でも日経平均が27年振りの高値を超えるなど「適温相場」の再来とまで楽観が支配していました。しかし、10月に入って世界同時株安が起こり、すっかりムードが一変しています。それでも国内市場関係者からは、今回の下落局面をテクニカルな調整ととらえて年末に向けて「買いの好機」と強気の発言がまだ多く聞かれます。 足元の相場がどう動くのかは神のみぞ知るですが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング