写真

インターネット上で毎日のように起きる「炎上」。火をつけるのはどのような人たちで、その動機はなんなのか? 前回に続き、そんな“炎上犯”の実態について、『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)の著者で国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師の山口真一氏に聞いた。 ●炎上犯の動機で一番多いのは「正義感」 ――山口さんの新刊『炎上とクチコミの経済学』では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング