写真

10月の消費増税に伴い導入される軽減税率に、外食企業は商機を見いだそうとしている。軽減税率対象外の外食は消費税率が10%へ引き上げられる一方、料理の宅配は軽減税率対象となり、税率は8%に据え置かれる。外食の増税を嫌った人が宅配に流れる可能性があり、外食各社は取り込みを狙っている。 スターバックスコーヒージャパンは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング