写真

中国の人工知能スタートアップ・Watrix(銀河水滴)が、監視カメラから距離50m以内の対象の歩き方だけを分析して、個人を特定するAI技術、いわば「歩行認識AI」をアップグレードしたと現地メディアが報じた。 歩行認識AIは主に、犯罪捜査などへの利活用が期待されている。例えば、犯罪容疑者や指名手配犯が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング