写真

木村佳乃主演の連続ドラマ『後妻業』(フジテレビ系)の第8話が12日に放送され、平均視聴率は前回から0.5ポイント減の5.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。 このドラマは、遺産相続目当てで資産家の老人の後妻に収まり、次々と大金をせしめる武内小夜子(木村佳乃)と、小夜子の正体を暴こうとする中瀬朋美(木村多江)の対決をメインとした物語。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング