写真

2008年9月、アメリカの投資銀行リーマンブラザーズの経営破綻に伴って発生した金融危機以来しばらく低迷していた不動産投資マーケットだが、ここ数年で息を吹き返し、今では活況を呈している。 理由は3つだ。1つめがアベノミクスと呼ばれる金融緩和策により、低金利で潤沢なマネー供給に支えられた国内外の投資家が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング