写真

平成最後の4月がやってくる。新年度スタートのこの時期、毎年さまざまな新制度が導入されるが、2019年4月1日からのトピックは「働き方改革」だ。この関連法が順次施行されることになっている。なかでも、時間外労働の上限が原則月45時間、年360時間になるとの報道をよく耳にするが、1日あたりにならすと2時間程度。これでは残業代がカットされて減収になるという人もいそうだ。 それだけではない。事業主が労働者に有給休暇を取得させることも義務化された。10日以上の年次有給休暇を与えられる労働者(管理監督者を含む)に対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング