写真

日経平均株価が史上最高値の3万8915円を記録したのは、1989年(平成元年)12月29日のことだ。しかし、その後バブルは崩壊、日本経済は「失われた20年」とも「30年」とも言われる長期不況に陥る。90年代には不良債権に苦しむ金融機関の破綻が相次ぎ、2000年代に入るとデフレが蔓延、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング