写真

印刷などを手掛ける廣済堂は4月9日、1月に発表したMBO(経営陣が参加する買収)に基づき、米ベインキャピタルと経営陣が実施していたTOB(株式公開買い付け)が成立しなかったと発表した。応募株式数が買い付け予定株数の下限に満たなかった。 廣済堂をめぐっては、旧村上ファンド系のレノと南青山不動産が3月20日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング