写真

●「魂動磨き」の誕生 マツダ本社工場の一角には、機械加工がすんだ金型が並べられている。これを造形を崩さないように、金型職人たちが一つひとつ手で磨き、1ミクロンレベルの「面粗度」に仕上げていく。 「表面はあたかもピカピカに見えるけれども、機械加工目であるカスプを落とさなければいけない。大手の自動車メーカーさんは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング