写真

ジャパンディスプレイ(JDI)に台湾の電子部品メーカー2社と中国のファンドが800億円を出資することが決まった。これによって台中連合が議決権の49.8%を握る筆頭株主となる。JDIは、経済産業省が主導して2012年に日立製作所と東芝、ソニーの液晶部門を統合してできた会社である。当時の産業革新機構(現在のINCJ)が2000億円を出資し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング