写真

「手の打ちようがない」――。 日本水泳連盟幹部によるこの言葉に衝撃を受けたのは、日本競泳陣だけではない。東京五輪を戦うほかの競技団体の役員たちも恐怖を覚えたのではないだろうか。日本の競泳陣を牽引してきた池江璃花子も、きっと心を痛めていたことだろう。 東京辰巳国際水泳場・日本選手権に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング