写真

窪田正孝が主演を務める連続テレビドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)の第7話が20日に放送され、平均視聴率は前回から1.8ポイント減の11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。 このドラマは、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師・五十嵐唯織(窪田)が「病の写真家」として、目には見えない患者の病気を見つけ出し、命を救っていく医療ドラマだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング