写真

甲子園最多勝監督(通算68勝)である、智辯学園和歌山高校野球部の前監督・高嶋仁氏の人生を描いた『一徹』(インプレス)が4月に刊行された。選手時代を含めると60年近くグラウンドに立ち続け、多くの選手たちを指導してきた名監督の人間像はどのようなものか。15年もの間、高嶋氏を追いかけてきた著者でフリーライターの谷上史朗氏に話をうかがった。 ●智辯和歌山に監督室がない理由 「甲子園の常連校となればほとんどの場合、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング