写真

「汚れ役」報道への本音を吐露した草刈民代

女優の草刈民代が13日、都内で行われた映画『月と雷』完成披露試写会に、主演を務める初音映莉子をはじめ、高良健吾、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督とともに登壇し「主人(周防正行監督)以外の(実写)映画で初めて声をかけていただき安藤監督には感謝します」と述べつつも「取材で『汚れ役に躊躇がなかったか?』と聞かれたり、新聞記事などで『汚れ役、汚しメイク』と書かれるたびに、そんなに(映画で)ひどく見えたのかなと傷つきました」と発言し、会場を笑わせていた。 本作は、直木賞作家・角田光代の同名小説を、映画『僕は妹に恋をする』『海を感じる時』などの安藤尋監督が映画化。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング