どうなる続編?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に裁判沙汰

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年11月14日 20時11分

映画『マッドマックス怒りのデス・ロード』を手掛けたジョージ・ミラー監督が、自身の製作会社を通じて、製作・配給を手掛ける米ワーナーブラザースを相手に、オーストラリアのニューサウスウェールズ州で裁判を起こしたと、現地メディアのSMH.com.au(シドニー・モーニング・ヘラルド)が報じた。 同サイトに対して現地裁判官は、ミラー監督の製作会社ケネディ・ミラー・ミッチェルが、米ワーナーと『怒りのデス・ロード』の製作コストが1億5,700万ドル(約172億7,000万円)以下であれば、700万ドル(約7億7,000万円)のボーナスが支払われる契約を交わしていたと説明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング