解雇された俳優の態度の悪さ 共演者が明かす

シネマトゥデイ 映画情報 / 2018年5月21日 10時8分

米テレビドラマ「リーサル・ウェポン」でロジャー・マータフ刑事を演じているデイモン・ウェイアンズが、番組の第3シーズンが無事に決まったこともあり、パートナー刑事マーティン・リッグス役のクレイン・クロフォードの解雇に至った態度の悪さについてようやく口を開いた。 デイモンはクレインが監督を務めたエピソードの撮影中、飛んできた破片で頭にけがを負った際の映像をTwitterに投稿したほか、撮影現場に貼られたクレインの写真入りのステッカーの写真などをアップ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング