『スーパーマン』女優、自殺だった…死因が判明

シネマトゥデイ 映画情報 / 2018年8月10日 16時31分

映画『スーパーマン』のヒロイン、ロイス・レイン役で知られ、今年5月に69歳で死去した女優マーゴット・キダーさんの死因が、薬物の過剰摂取による自殺だったと明らかになった。 TMZ.comによると、マーゴットさんが摂取したとされる薬物は明かされていないが、自らの手で薬物を過剰摂取した後に亡くなったと、アメリカ・モンタナ州パーク郡の検視官が明かしたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング