『ボヘミアン・ラプソディ』監督クビの真相… プロデューサーが激白

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年1月22日 8時2分

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の監督クビ騒動の真相を、プロデューサーのグレアム・キングが語った。 当初、『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督がメガホンを取っていた本作だが、撮影残り2週間ほどのところでシンガー監督が現場に来なくなったとして、クビになったことが発覚。残りを『サンシャイン/歌声が響く街』のデクスター・フレッチャー監督が引き継いだ。のちにシンガー監督自身は否定したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング