写真

今回試乗したテストカーは現行マツダ3(アクセラ)にスカイアクティブXを載せたのではなく、中身は次世代プラットフォーム「スカイアクティブボディ&シャシー・ジェネレーション2」の技術が数多く盛り込まれている。 マツダはこれまでも人間中心の発想でクルマ作りを行なっているが、次世代プラットフォームではそれを更に進化させ、人間の持つ能力を最大限に進化させた「究極の人馬一体」が開発テーマである。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング