写真

JAF(日本自動車連盟)が発表したデータよると、2011年〜2013年に発生した全交通事故を発生時間帯別に見ると2つのピークがあることがわかりました。 それは朝7時〜9時までと夕方の5時〜7時までです。これは通勤や通学、そして買い物など多くの人が移動する時間帯と重なっています。 さらに死亡事故だけに絞って発生時間帯別に見てみると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング