写真

マツダ・ロードスターに2Lエンジンを中心とした大幅な改良が施されました。 まずはスカイアクティブG2.0を搭載するロードスターRFから見ていきましょう。 ちなみにRSグレード・6MTの全長×全幅×全高は3915×1735×1245mm、車両重量は1100kgです。 直噴4気筒NAのスカイアクティブG2.0用ピストンはスカート部を極限まで小さくするなどして27gの軽量化を達成。コンロッドは肉厚の最適化によって41gの減量を施しています。 またクランクシャフトは回転時のバランスを重視した最適なウエイト配置とするなどして高回転が達成できる土壌を固めました。さらに吸排気も全面的に見直すことによっ… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング