写真

■●690万円というスープラSZの価格は「高いけど高くない」? 17年ぶりの復活とか、BMWと共同開発とか、生産はトヨタもBMWでもない工場とか、歴代初の4気筒モデルがあるとか、ロゴの「S」はニュル(「スポーツカーの聖地」と言われるドイツの過酷なサーキット)のコーナーをモチーフにしているとか、クルマ好きの間ではいろんなことが話題になっている新型スープラ。いずれにせよ注目すべきは、自社開発・自社生産にこだわらることよりもこのタイミングでスポーツカーをリリースしてきたトヨタの心意気です。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング