写真

■■乗用車はEV、大型トラックはFCVというのがトレンドになりそうだ ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所とトラック大手のいすゞ自動車が、燃料電池を使う大型トラックの共同研究契約を締結したことが発表されました。 水素を燃料にして発電することでクルマを動かす燃料電池車(FCV)は、その水素と酸素を反応させるため水しか排出しないというクリーンなパワーソースとして知られいます。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング