写真

アメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学との定期戦で、日大の選手が悪質な反則タックルで関西学院大学のQB(クオーターバック)選手を負傷させた問題で日大アメフト部の監督を務めていた内田正人氏が辞任を発表したが、22日、反則を犯した当事者選手が都内で記者会見を行った。 会見で選手は、監督・コーチから「潰せ」という指示があったことを明言。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング