写真

今夏発生した山口県の男児行方不明事件を“スピード解決”し、一躍“時の人”となっていた尾畠春夫さん。人呼んで「スーパーボランティア」の尾畠さんを、マスコミ、特にテレビはこぞって取り上げ、それぞれ高視聴率を獲得していたというが、その裏で明石家さんま、マツコ・デラックスの“熱烈オファー”が、ものの見事に一蹴されていたのだという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング