写真

史上初の4割打者誕生の可能性があった近藤健介(日本ハム)が、椎間板ヘルニアのため戦線離脱。6月28日に無事手術を終えたが、実戦復帰までに3カ月はかかる見込みで、規定打席到達は絶望的。夢の4割は来季以降に持ち越しとなった。 近藤といえば登録は「捕手」。しかし今季、捕手としては1試合も出場しておらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング