写真

甲子園の常連、明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督も「びっくりするほど多い」と驚嘆する現象が、今年の夏の甲子園で起きている。 出場全49代表が出揃った14日の第7日までに出たホームランの数は実に37本。この時点で、早くも昨夏の大会通算本塁打数に並んでしまった。このペースを維持すると、2006年大会で生まれた過去最多記録、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング