北朝鮮の1年は「堆肥戦闘」、つまり肥料にするための人糞を集める作業から始まる。 昨年11月13日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士1人が、板門店の共同警備区域(JSA)から韓国側に亡命した。兵士は追手の銃撃を浴び、瀕死の重傷を負った。幸い韓国側の医療チームによる懸命な治療によって、兵士は一命を取りとめた。 その際、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング