「人権が政治化している」…北朝鮮メディア、人権侵害追及に反論

デイリーNKジャパン / 2018年3月14日 13時17分

北朝鮮の人権問題が注目を浴びる中、同国の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、署名入りの論説を通じ、国際機関で人権が政治化し二重基準になっていると非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。 2月26日から始まった国連人権委員会では、政治犯収容所の運営や児童労働など、今年も北朝鮮における人権侵害が重大な議題として取り上げられている。来たる23日には北朝鮮人権決議案が採択される見通しだ。 論評は「帝国主義者こそ人権蹂躙(じゅうりん)の元凶であり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング