北朝鮮当局が「カラオケ」摘発を強化…現行犯で刑務所送り

デイリーNKジャパン / 2018年7月11日 15時10分

北朝鮮当局は、今年1月から「非社会主義、反社会主義」、つまり当局が考える好ましからざる行為に対する取り締まりを強化してきた。 あまりにも対象が広く、生活に困窮する人が続出したことから、各地で国民が抗議する事態となったことを受け、両江道(リャンガンド)では取り締まりが事実上中止に追い込まれたと、現地のデイリーNK内部情報筋は伝えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング