写真

デイリーNKジャパン

身分制度に縛られた朝鮮王朝時代、そして朝鮮人全体が二等国民扱いされていた日本による植民地時代を経て、万民が平等に暮らす社会になったはずの北朝鮮。しかし、皮肉なことに今に至るまで、すべての北朝鮮国民は「成分」と呼ばれる身分制度に縛られ生きている。 朝鮮労働党中央委員会は、1958年12月から2年間集中指導事業を行い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング